Umi Uyuraのブログ

Titaniumを使ったスマートフォンアプリ開発を中心に、プログラミング関連の作業ログ。

Goose houseは実在しました

UstreamやYoutube中心に活躍しているGoose house。 前からライブを見てみたかったのですが、ようやくチケットが手に入って行くことができました。 Goose house 今週大阪公演があったようですが、私が行ったのは11/22(水)にZepp DiverCity Tokyoで開催された…

High SierraにしたらSlackアプリがクラッシュするようになったけど直った

Mac

先日Mac OSからmacOSにアップグレードしたわけですが。 その後、Slackアプリを実行すると、起動中にクラッシュしてしまうらしく、使えない状態になってしまいました。 ログアウトして再ログインしてもダメ、アンインストールしてMac App Storeから再インスト…

Superfly10周年記念ライブのライブ・ビューイングに行ってきました

去年、春に始まったラジオ番組「Superfly into the Radio」が、喉の不調ということで途中で打ち切りになってしまって以降、あまり表立った活動を目にしていなかったので、1ファンとしても心配していました。 今回のライブのMCや、途中に挟まれたライブまで…

pylintで2スペースインデント用の設定

Pythonの標準的なコーディング規約であるPEP8では、インデントは4スペースと定められています。 PEP 8 -- Style Guide for Python Code | Python.org 個人的には、しばらくメインで書いていたJavaScriptを2スペースでやっていたこともあって、なんとなくPyth…

gnupackでWindowsの環境変数PATHを引き継ぐ

gnupackを使いだして一つ困ったのは、Windows側で設定している環境変数PATHが引き継がれなかったことでした。 そのままだと、Windows側でも使うプログラムのPATHをCygwinやEmacs上で再設定しなければならず、二重・三重の管理となってしまうので避けたいとこ…

Robo 3T(旧Robomongo)でmLab(Heroku Add-on)につなぐ

オープンソースのMongoDBクライアントであるRobomongoをたまに使っていたのですが、いつの間にか高機能なMongoDB IDEのStudio 3T(旧MongoChef)の会社に買収されて、Robo 3Tという名前になっていました。 Robomongo is now Robo 3T, with MongoDB 3.4 suppo…

DBeaverでHeroku Postgresにつなぐ

久々にHerokuを触ることになり、DBもHeroku Postgresなので、Windowsで使えるPostgreSQLのGUIクライアントがないかと探していたところ、良さそうなものを発見。 DBeaver PostgreSQL専用というわけではなく、MySQLやSQLiteなどいろいろなデータベースをサポー…

gnupackのCygwinを指定したディレクトリで開く

先日、 chere でエクスプローラからCygwinを開く設定を付けましたが、Emacsで作業中にカレントディレクトリをCygwinで開きたい場合があり、その方法を調べてみました。 やり方 クリップボードに、Cygwinを開きたい Windowsのパス を格納する。 startup_cygwi…

エクスプローラのコンテキストメニューからCygwinを起動する

エクスプローラで作業しているときに、あるフォルダをカレントディレクトリにしたCygwinプロンプトを開きたいときがあります。 Cygwinに含まれる chere というコマンドを使うことで、エクスプローラのコンテキストメニューにCygwinを追加することができまし…

Cygwinの$PS1で関数を使うと構文エラーが発生した

個人Mac環境では、Bashプロンプトの表示をカスタマイズしています。 ※これ自体はどなたかの設定をほぼ丸パクリさせていただいたものですが、入手元を失念してしまいました dotfiles/bash_prompt で、同じものをgnupackのCygwinでも使おうとしたところ、何や…

Windows 10デビューしたのでgnupackとChocoletyで環境構築してみた

去年の夏に転職したのですが、気付いたらあっという間に一年経っていました。 今の会社では、仕事で使うPCをひさびさにWindowsにしたので、そのときにやった環境構築について、当時のメモを振り返りつつまとめておくことにしました。 Windowsを使うことにし…

Xperia Z3の機種変更でタップ&ゴーを使ってデータ移行してみた

メインで使っているスマートフォンであるXperia Z3、2014年の秋ごろに機種変更したものですが、1年くらいたったころからタッチディスプレイの反応が悪くなってきていたのですが、いよいよ操作もおぼつかない状態になってきたので、先日とうとう修理に出すこ…

LINE BOT事始め&倍返しBotを作ってみた

初回分には乗り遅れてしまったのですが、追加募集が始まったようなので応募してみました。 【LINE】「LINE BOT API Trial Account」の追加募集を開始 | LINE Corporation | ニュース 2016/6/9現在、追加募集分枠はまだ終了していないようです。 とりあえずど…

Asana用BitBarプラグインをPythonで書きなおした

先日作った、Macのメニューバーに色々な情報を表示するBitBarに、プロジェクト管理サービスのAsanaのタスクを表示するためのプラグイン。 umi-uyura.hatenablog.com 慣れているNode.jsベースで作ってみたものの、 他のBitBarプラグイン を見てみると、基本的…

GitHub/Bitbucketなどで使うSSHキーを複数アカウントで使い分ける

個人でもGitHubやBitbucketのアカウントを持っている場合に、会社や別の会社のリポジトリにも同じサービスのアカウントを作ることになると、SSHキーをそれぞれに用意する必要がでてきます。 その際のconfigの書き方を毎回調べているので、自分用にメモ。 な…

Flycheckのエラーリストのフォーマットが変わっていた

Emacsの静的解析にはFlycheckを使っていますが、発生しているエラーの一覧を表示する flycheck-list-errors の各フィールドの幅が微妙に見難かったので、ちょっとフォーマットを変更して使っていました。 umi-uyura.hatenablog.com 最近Pythonを触り始めてか…

MacとEmacsのPython開発環境について調べてみた

Python使えると年収が高くなるかもしれないので、触っておくことにしました。 プログラマー年収ランキング2016!言語別、第1位はPythonの651万円 | みんなのスタンバイ というわけで、まずはMac上に開発環境を整えることに。 Pythonバージョン管理 Macは標準…

TitaniumのiBeaconモジュール検証アプリ作成中

前回調べた情報をもとに、とりあえずiOS/AndroidでiBeaconを検出するところまでできたので、途中経過のまとめ。 umi-uyura.hatenablog.com 進捗 現時点のアプリのソースは umi-uyura/TiBeaconExam にあります。 できること iOS/Androidともに基本的な機能は…

Asana用BitBarプラグインを作ってみた

少し前から、個人プロジェクト用に Asana というプロジェクト管理サービスを試しています。 お仕事では Backlog を使っていて、こちらはタスク管理やWiki、ファイル管理にバージョン管理と、プロジェクト管理に必要な機能を全て備えていると言っても過言では…

iOS/AndroidでiBeaconを扱うTitaniumモジュールについて調べてみた

Titaniumで、iOSとAndroid両方でiBeaconを扱うアプリを作ってみようかと思い、それらしいモジュールを探してみました。 さらに、どうせTitaniumでやるのであれば、なるべく処理を共通化できると良いなということで、まずはそれぞれで提供されているAPIを比較…

BacklogのSubversionリポジトリをバックアップ

お仕事ではプロジェクト管理ツールとして Backlog を使っています。 年度末ということもあってプロジェクトの整理をしていたところ、過去に使っていたSubversionリポジトリをバックアップする必要がでてきたので、やり方を調べてみました。 リポジトリをエク…

R-BROS. FEST 2016でGRIM SPANKYとLIFE IS GROOVEを観てきました

3/18(木)、ニコ生で放送している「ロック兄弟」という番組のイベント「R-BROS. FEST 2016」に行ってきました。 一昨年くらいに車のCMで流れていたジャニス・ジョプリンの「MOVE OVER」、てっきり外人さんのカバーなのかなーと思っていたんですけど、歌ってい…

Titaniumもくもく会に参加しました

先週のことですが、久々にTitanium仲間のゆる〜い集まりがありました。 ひさびさ〜と思ったら、去年の Twilio & Titaniumミートアップに行ってきました - Umi Uyuraのブログ 以来ぶりだったんですね。 1月には新年会があったようですが、私は都合があわず参…

Google Play Musicにアップロードした楽曲を再ダウンロードする

定額の音楽配信サービスは、Google Play Musicを使っています。 umi-uyura.hatenablog.com 特に邦楽は聴きたいアーティストの作品がないことも多いわけですが、Google Play Musicには、手元の音源をアップロードしておくことで、登録しているデバイスに同期…

Alloy Modelの学習・その4(REST API)の続き

前回、REST APIのData Bindingを使ってみたのですが、 umi-uyura.hatenablog.com そのときに課題として残していたエラーハンドリングなどレスポンスに対する処理に関してと、開発中にAPIエンドポイントを分離したい場合の方法についてメモ。 レスポンスに対…

Alloy Modelの学習・その4(REST API)

引き続き、Alloy Modelを勉強中。 umi-uyura.hatenablog.com クロスプラットフォームなUIを素早く構築しつつWeb APIと連携するというのは、Titaniumが活用できるパターンだと思います。 というわけで、今回はREST APIとのData Bindingを試してみました。 RES…

Alloy Modelの学習・その3(Properties Adapter)

引き続き、Alloy Modelを深ぼってます。 umi-uyura.hatenablog.com 標準で用意されているSync Adapterには、SQLite用のSQL Adapterの他に、Titanium.App.Propertiesを使うProperties Adapterがあります。 ※以前はもう一つ、Mobile Web用にlocalStorage adapt…

Alloy Modelの学習・その2(マイグレーション)

前回の学習内容をもとに、せっかくなのでマイグレーション機能も試してみることにしました。 umi-uyura.hatenablog.com 今回のサンプルは前回と同じプロジェクトの step2 というブランチにあります。 umi-uyura/AlloyModelStudy at step2 マイグレーションを…

Alloy Modelの学習

実は、これまではAlloyといってもView/Controllerしか使っておらず、データベースを使う場合も Titanium.Database を使ってしまっていたので、ちゃんとModelを活用したことがありませんでした。 というわけで、今更ながらにAlloy Modelを触り始めてみました…

Titanium.UI.ListViewのイベントまわりを調べてみた

ふと試してみたところ、Titanium.UI.ListViewのドキュメントに掲載されていない swipe イベントが取れたので、もしかして他の使えるのかも?と思って調べてみました。 ドキュメントに掲載されているクリックイベント以外だと、スワイプと長押しあたりが使え…