Umi Uyuraのブログ

Titaniumを使ったスマートフォンアプリ開発を中心に、プログラミング関連の作業ログ。

High SierraにしたらSlackアプリがクラッシュするようになったけど直った

先日Mac OSからmacOSにアップグレードしたわけですが。

その後、Slackアプリを実行すると、起動中にクラッシュしてしまうらしく、使えない状態になってしまいました。

ログアウトして再ログインしてもダメ、アンインストールしてMac App Storeから再インストールしてもダメ、そんなことをしている間にSlackアプリのアップデートが来ていたけど、それを入れてもダメ。

必要なときはブラウザでアクセスしていたものの、やはり使い勝手が悪く、困っていました。

直った

ググっていろいろと試していたのですが、最終的にElectronのIssueに載っていた方法で復旧することができました。

Crash in GetLoginItemSettings on macOS 10.13 · Issue #10561 · electron/electron

具体的には、 /Users/$your_user/Library/Application Support/com.apple.backgroundtaskmanagementagent/backgrounditems.btm を削除して、macを再起動します。($your_usermacのユーザー名が入ります)

再起動後にSlackアプリを実行したところ、クラッシュせずに起動するようになりました。


調べてみると、Spotifyアプリでも同じような問題が起きていたっぽい。

Fix for Spotify Crash at startup on MacOS High Sie... - The Spotify Community

Electronベースのアプリは可能性があるのかも。

他の問題も直ることがあるみたい

上記で削除したファイルは、macの他の機能にも関連しているらしく、実は私ももう一つ発生していた「ログイン項目に不明という項目が残ってしまう」問題が合わせて直りました。

Can't remove 'unknown login items'? | Official Apple Support Communities

最初は こちら の方法を試して解決しなかったのですが、一緒に直って良かったです。