読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Umi Uyuraのブログ

Titaniumを使ったスマートフォンアプリ開発を中心に、プログラミング関連の作業ログ。

dマガジンのサッカーダイジェストの残念なところ

NTTドコモが提供している雑誌読み放題サービスの dマガジン、月額400円で、いろんな雑誌を斜め読みできるので、奥さん共々活用しています。

自分が主に読んでいるのは、「週刊アスキー」「横浜ウォーカー」「日経ビジネス Associe」「MacFan」などで、それ以外にも「DIME」「WIRED」「PRESIDENT」「東洋経済」あたりで気になった特集などがあると読んでいます。

どの雑誌も、それまでも気になったら紙で買うことがあったものの、毎号買ったりはしていないものだったので、それが毎号読めて、さらに書店に行かずとも内容がチェックできるので、なかなか便利です。

雑誌の種類もだんだん増えていて、特に女性向けのファッション誌はかなり多くなってきている印象。

そんななか、最近サッカーダイジェストもdマガジンで配信されるようになったので、これも定期購読することにしました。

アルビが載っていない!

自分は熱心なサッカーファンというほどではないのですが、いちおう実家が新潟方面ということで、Jリーグではアルビレックス新潟をひっそりと応援しています。

今年の1stステージは下から2番目という順位に沈んでしまったアルビ、2ndステージが始まっても2連敗してしまってどうなることかと心配でしたが、ここにきてようやく2連勝。それでもまだまだ年間総合順位的には降格圏なので、早く浮上して欲しいところです。

さて、応援しているとは言っても、出身県のチームとして、という感じなので、実はあまり選手のことを知りません(汗)

レギュラーで多く出ているメンバーはある程度わかるのですが、サブのメンバーなど、まだまだ知らない顔もあります。

そんなわけで、そういえば先日のサッカーダイジェストの特集はJ1全チームの全選手紹介だったのを思い出して、これは選手の顔を覚えるチャンス!ということでパラパラと眺めていたのですが・・・

あれ?アルビがない?

見逃したかな―と、もう一度、今度は後ろからめくっていったのですが、

・・・いない。

そういえば、そもそもチーム数も少ない気がするし、と思って確認してみたところ…

f:id:umi-uyura:20150727234539p:plain

目次では入っているけど、その位置に見当たらない。

他にも掲載されていなかったのは柏、大阪、川崎、鹿島、鳥栖FC東京

下位チームが抜けているというわけでもないし、掲載基準についてはよくわかりません。

もちろん、雑誌によっては電子版には含まれていない記事があるというのは一応認識はしているのですが、だとしても、この抜かし方はちょっとないんじゃないかなーと思った次第です。

クーポンとか袋とじとか、紙媒体向けに特別感を出せるようなものが掲載されないというのならともかく、その号の特集の一部が不自然に読めない状態というのは、コンテンツとして成立していないレベルだと思うわけです。

紙媒体も出している以上、当然そっちを買ってくれる方が雑誌社としては嬉しいのだと思いますが、有料サービスで提供しているものなので、この点はサービス提供しているドコモにも妥当性をチェックして欲しいところです。

dマガジンは、どのくらい読めるのか

ちなみに、dマガジンで読める雑誌のページ数を実際に検証している記事がありました。

これによると、サッカーダイジェストは5割強ということで、どちらかというと少ない方になるみたいですね。

まあ上記の問題はページ数だけの問題ではなく、その雑誌で読みたいものは何か、というところですが。

類似の雑誌読み放題サービスの中では、今のところdマガジンが読める雑誌の種類の豊富さでは群を抜いているようなので、もっと色々と読めるようになると嬉しいです。

dマガジンの大きな不満点

細かい不満もありつつ、それでも概ねサービス自体は満足しているdマガジンですが、ひとつ大きな不満があるとすれば、読み込みの遅さでしょうか。

そういえばドコモのサービスは認証などにやたら時間がかかるものが多いですが、dマガジンは特に時間がかかります。

体感ですが、まず起動して奇抜なメニューが表示されるまでに1分くらい、そこから雑誌を選んで、それが読める状態になるまで1〜2分くらい、かかる印象です。

しかも、上記は一度ダウンロードしてキャッシュしている雑誌での話なので、初めて読む場合には、これとは別にダウンロードする時間も必要です。

外出時にちょっと読もうと思っても、この待ち時間はけっこう大きい。

せめてキャッシュしている雑誌くらいはサッと読めるようにして欲しいところです。