Umi Uyuraのブログ

Titaniumを使ったスマートフォンアプリ開発を中心に、プログラミング関連の作業ログ。

Goose houseは実在しました

UstreamYoutube中心に活躍しているGoose house

前からライブを見てみたかったのですが、ようやくチケットが手に入って行くことができました。

Goose house

今週大阪公演があったようですが、私が行ったのは11/22(水)にZepp DiverCity Tokyoで開催された東京公演。


演目は、シングル「笑顔の花」の発売に合わせたツアーということもあってなのか、オリジナル曲以外にも、ふだん彼らがやっているようなカバー曲を半分くらい?やっていたような気がします。

一緒に歌いましょう!という呼びかけで始まった「明日があるさ」、「わか〜い僕には…」と歌いながら「あれ、自分たぶん若くない方だ…」と一瞬怯んでしまいましたが(笑)

これもみんなと一緒に声を出したい!というところから作られたという、シングルのカップリング曲「何もかも有り余っている こんな時代も」もカッコいいですね。 拳を振り上げて歌う、こういうの、好きな感じでした。


曲ごとに違う楽器を操るジョニーさん。

一番小さい、でも最年長なので敬って欲しいマナミさん。

いつもより黒が多めだったワッシュウさん。

フォロワー数No.1の竹渕慶さん。

キュートな声が素敵なさや姉さん。

そして、いつも素敵な笑顔のリーダー(仮)の工藤さん。

ふだんは画面の中でしか見られない彼らですが、それとは違ったステージ上での生パフォーマンスが観られて、とても楽しかったです。


月一の土曜日に定期的におこなわれるUstream Live。

そんなUstream Live、次回はHOY (Goose house of The Year)ですねー。

その年のカバー曲の中からNo.1を、視聴者の投票で決めるという一大イベント。

Live放送している時間帯は、ちょうど子供をお風呂に入れて寝かしつけるころ(しかもそのまま一緒に寝てしまったりする)なので、なかなかリアルタイムでは見られないのですが、今年は途中からでも見られると良いなー。

USTREAM: Goosehouse


さてさて、今までたくさんのカバーをやっているGoose houseですが、そんな中で個人的にイチオシを1つ紹介させていただくと、これですかねー。


One Night Carnival /氣志團(Cover)

オリジナルの雰囲気を残しつつ、Gooseメンバーの個性が加わった爽やかな感じのアレンジがカッコいい。

実はそれまで原曲はちゃんと聴いたことがなかったのですけれど、その新しい魅力に気づかせてくれた1曲です。

というわけで、今度はオリジナル曲多めのライブに行きたい!