Umi Uyuraのブログ

Titaniumを使ったスマートフォンアプリ開発を中心に、プログラミング関連の作業ログ。

Robo 3T(旧Robomongo)でmLab(Heroku Add-on)につなぐ

オープンソースのMongoDBクライアントであるRobomongoをたまに使っていたのですが、いつの間にか高機能なMongoDB IDEのStudio 3T(旧MongoChef)の会社に買収されて、Robo 3Tという名前になっていました。

Robomongo is now Robo 3T, with MongoDB 3.4 support

というわけで、MongoDBのHerokuアドオンであるmLabにRobo 3Tでつないだ際のメモです。

確認環境

項目 バージョン等
OS Mac OS X 10.11.6
Robo 3T 1.1.1

mLabへの接続情報の確認

mLabへの接続情報は、環境変数 MONGODB_URI にあります。

プロジェクトフォルダにて以下のコマンドを叩くか、Heroku Dashboardから該当アプリのConfig Variablesから確認します。

$ heroku config:get MONGODB_URI -a <app name>

すると、以下の様な形式の文字列が取得できます。

mongodb://<user>:<password>@<host>:<port>/<database>

mLabへつなぐ

Robo 3Tを起動すると出て来るダイアログで「Create」を選択する。

f:id:umi-uyura:20171019235344p:plain

Connectionタブの以下の項目に、接続情報から以下のものを転記する。

  • Address: <host> : <port>

f:id:umi-uyura:20171019235405p:plain

Authenticationタブの以下の項目に、接続情報から以下のものを転記する。

  • Perform authenticationにチェックを入れる
  • Database: <database>
  • User Name: <user>
  • Password: <password>

f:id:umi-uyura:20171019235420p:plain

「Test」ボタンを押して、接続確認。

f:id:umi-uyura:20171019235437p:plain

「Connect」を押して接続。

f:id:umi-uyura:20171019235453p:plain

おわり

Robo 3Tもマルチプラットフォームで展開されているので、WindowsLinuxでも使えます。