読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Umi Uyuraのブログ

Titaniumを使ったスマートフォンアプリ開発を中心に、プログラミング関連の作業ログ。

R-BROS. FEST 2016でGRIM SPANKYとLIFE IS GROOVEを観てきました

音楽

3/18(木)、ニコ生で放送している「ロック兄弟」という番組のイベント「R-BROS. FEST 2016」に行ってきました。

一昨年くらいに車のCMで流れていたジャニス・ジョプリンの「MOVE OVER」、てっきり外人さんのカバーなのかなーと思っていたんですけど、歌っているのはGRIM SPANKYという日本人のバンドということを知りまして。

それで聴いてみた彼らのファースト・アルバム「SUNRISE JOURNEY」がカッコよく、さらに先日出たミニアルバム「ワイルド・サイドを行け」が5曲ながら名曲ばかりな感じで、最近のお気に入りアーティストのひとつでした。

これはライブで観てみたいな―とウォッチしていたところ、今回のイベントが行けそうだったので、チケットを申し込むことに。

で、そのイベントは対バン形式で、もう一組アーティストが出演するというので名前を見てみたら、なんとLIFE IS GROOVEではないですか!

実はこちらも以前から気になっていて、かつてTBSで放送されていた「さんまのスーパーからくりテレビ」で天才少年ギタリストとして紹介されていた山岸竜之介君が参加しているバンド。しかもメンバーがRISEのベーシストKenKenに、レジェンド・ムッシュかまやつ氏!年齢差60歳、どんな音を出すのか、非常に気になる!


当日は本編開演時間ギリギリに到着したら、オープニングアクトを務めていたarko lemmingというバンドが終わる頃でした。残念。

ステージ準備中は、OKAMOTO'Sのドラマー・オカモトレイジがDJとして会場を盛り上げていました。

「ロック兄弟」の番組MCの方々の諸々が終わって、いよいよGRIM SPANKY登場!

GRIM SPANKYの魅力のひとつは、やっぱりヴォーカル・松尾レミの声だと思いますが、ライブでのシャウトもかっこ良い。あの声にあの音、ドンピシャです。

疾走感のある「ワイルド・サイドを行け」から始まって、コール&レスポンスが盛り上がる「NEXT ONE」、バラード「大人になったら」などなど、少ない曲数でしたが、堪能しました。

それにしても、ほとんど直立で無表情な感じなのに、指がめっちゃ動いてブイブイやっていたベースの人はどなたなんだろう。

でもって、後半はLIFE IS GROOVE!

ドラム、キーボードに2名のホーン・セクションにお三方という編成。

のっけからKenKenのベースがブリブリ鳴って超ファンキー!ボリュームメーターが2、3個あがったような音圧。

山岸竜之介君は、まだ16歳ですかー。なんだかさわやか好青年になっていてビックリ。

そして、そんな2人を見守るというより見守られながら、飄々とマイペースにステージを彷徨うお茶目なムッシュ。

体を動かさずにはいられなくなる感じのバンドサウンドと、ゆる〜い感じのKenKenのMCとの落差もまた面白かった。

さらにアンコール。

GRIM SPANKYとLIFE IS GROOVEがステージにあがると、KenKenが「GRIM SPANKYとぜひこの曲をやってみたかった」といって始まったのは、あのドラム!そう、MOVE OVER!イベントだし、対バン形式で曲数少ないし、まさか演奏するとは思っていなかった!

あの声でMOVE OVER、やっぱりカッコよい。

しかも何がスゴいって、下北沢のジャニスの息子と同じステージにいるんですよね。

その後もスパイダースの「バン・バン・バン」を全員で演奏!そのどさくさに紛れてムッシュにサインをもらうオカモトズ・レイジ(笑)

いやー、とっても濃厚なイベントでした。

GRIM SPANKYは4月に「“ワイルド・サイドを行け”ツアー」をはじめ、イベントにも多数出演予定のようなので、詳しくは 公式サイト をどうぞ。

LIFE IS GROOVEは4/27にシングルが出るそうで、発売記念的なイベントもあるようなので、こっちも LIFE IS GROOVE OFFICIAL SITE をチェック。

どちらも改めて単独公演で観てみたいなー。

f:id:umi-uyura:20160317221019j:plain

ロック兄弟、番組自体は観たことがないけど、最高なイベントをありがとうございました。

ロック兄弟

ワイルド・サイドを行け(初回限定盤)(DVD付)

ワイルド・サイドを行け(初回限定盤)(DVD付)

Generations

Generations