読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Umi Uyuraのブログ

Titaniumを使ったスマートフォンアプリ開発を中心に、プログラミング関連の作業ログ。

ti-deploygate-hookをアップデートした(0.2.0)

ti-deploygate-hook は、Titanium CLIでビルド後、DeployGateへアップロードするためのプラグインです。

変更点

  • Titanium SDK 5.x対応
  • dgコマンド対応

Titanium SDK 5.x対応

Titanium SDK 5.xで、iOS版をビルドしたときのフォルダ構造が変わりました。

Titanium SDK 4.xまでは

build/iphone/build/Debug-iphoneos

というような階層だったものが、

build/iphone/build/Products/Debug-iphoneos

と、2つ目の build フォルダの下に Products というフォルダが加わるようになっていたので、それに合わせてビルド時のSDKバージョンによって、.ipaのパス指定を切り替えるようにしました。

なお、Android版は変わっていないようです。

dgコマンド対応

これまでのti-deploygate-hookは、内部でDeployGateが提供しているCLIインターフェイスdgate コマンドを使っていたのですが、新しく公開された dg (deploygate-cli) コマンドも使えるようにしました。

参考: 開発中のアプリを1コマンドで共有する方法 | DeployGate Blog

dgateの方はアップデートも停止され、今後の機能追加はdgコマンドで行うようなので、移行してしまうのが良さそうです。

dgコマンドを使う場合は、これまで使っていた --dgate のかわりに --dg を指定すればOKです。

$ titanium build -p ios --target device --dg

--dg のうしろにメッセージを指定することもできます。

$ titanium build -p ios --target device --dg "Upload by dg command !"

なお、 --dg を使うにあたっては、事前にdgコマンドのインストールが必要です。

dgコマンドについて詳しくは、 DeployGateのサイト をご覧ください。

Appcelerator Titanium Smartphone App Development Cookbook - Second Edition

Appcelerator Titanium Smartphone App Development Cookbook - Second Edition